サトヤマアートサンポ

MENU

ロゴマーク

概要

和光大学芸術学科学生によるアートプロジェクト「サトヤマアートプロジェクト 2021」を開催致します。
2015年から6年間、川崎市麻生区黒川地区、岡上地区で開催された「サトヤマアートサンポ」は、地域の皆様のご理解も得られ、好評を博しました。コロナ禍の中、昨年度は大学内のみに作品展示し、記録映像を残す展覧会となりました。今年度もやや規模を縮小し、残念ながら鑑賞ツアーなどのイベントは実施せず、大学内・岡上梨ノ木緑地・岡上地区に合計10点の作品を展示いたします。
和光大学の位置する岡上、岡上の秋景を発見し、アートと地域が出会う場をお楽しみください。
なお、大学構内の作品については、学外の方は事前予約登録を頂いた方のみご覧頂けることとさせて頂きます(中学生以上1日5名まで)。お手数ですが以下の予約フォームからお手続きをお願いします。


会  場和光大学構内・岡上梨ノ木緑地・岡上地区
ただ今、大学構内はご予約以外の学外者立ち入り禁止となっています。
ご予約はこちらをクリックすると大学構内作品ご予約フォームがひらきます
取材をご希望の方は、和光大学地域連携研究センターまでご連絡をお願いいたします。
開催期間2021年11月13日(土)−23日(火) 10:00−18:00 *終了しました
*大学内の作品ご鑑賞にはご予約が必要です。
主  催和光大学地域連携研究センター
後  援川崎市麻生区

マップ

サトヤマアートサンポマップ

サトヤマアートサンポマップ

 マップが表示されない場合はこちらをご覧下さい.
 賽の神付近に設置されている作品11「聖者達」は分かりにくい場所にあります。
 ウェブ上のマップ等で下記のポイントにある東屋を目標にして下さい。
 尚、設置場所は私有地ですので、ご配慮の上、お静かにご覧下さい。
 35°34'46.5"N 139°28'38.5"E GoogleMapが開きます。

鶴川駅から作品展示エリアまでの道のり

  1. 鶴川駅南口(下りホーム側)から、ラーメン店の前を通り、細い道を東側へ約100mすすんで下さい。
  2.  
  3. 鶴見川に突きあたります。右折して川沿いに約200m。左折して大正橋を渡って下さい。
  4.  
  5. そのまま直進します。約100mで、赤荻酒店の前を通り、やや広い道路にでます。
  6.  
  7. 交通にお気を付けて道路を渡って下さい。ここからはマップをご参照下さい。

  8. それではアート散歩をお楽しみください。

おねがい

岡上について

神奈川県川崎市麻生区に属する地域。四方を町田市と横浜市に囲まれ、川崎市のいずれの地区とも接していない飛び地となっている。小田急電鉄鶴川駅から徒歩でわずかな距離にあるが、宅地が広がる一方で豊かな緑地・田園・水源にめぐまれ、季節ごとに多様な光景をみせる。和光大学は岡上を敷地の一部としている。地域の歴史と地理については鈴木勁介著『私編岡上風土記稿』(八月書館)に詳しい。

ランドマーク

岡上神社

祭神は日本武尊、健御名方命、大山昨神、稲倉魂命。明治42年(1909年)3月、岡上村中にあった五つの神社(諏訪神社、剣神社、日枝神社、宝殿稲荷社、開戸神社)が合祀された。敷地は村の中央にある諏訪神社に決まり、村民融和のため村名を取り岡上神社として祀られている。また、境内には金勢大明神がある。高さ95cmの石碑で、子孫繁栄の御利益があると言われている。嘉永4年(1851年)建立。

和光大学

1933年に成城学園から分かれ、父母や教師を中心とした有志によって東京・世田谷に建てられた和光学園を母体とし、1966年に創立された大学。初代学長である梅根悟は「大学は自由な研究と学習の共同体」であるとうたった。開学以来、各学問の研究分野や社会的な活動分野の第一線で活躍している教師が数多く在籍する。
URL: http://www.wako.ac.jp

展示作品

1殻神

殻神

吉野桜花  Youka, YOSHINO
インスタレーション ビニール、油彩

2021

和光大学構内 B棟階段2-3階踊り場のガラス

岡上神社に祀られている神々である日本武尊、健御名方命、大山昨神、稲倉魂命この四柱を自分の手で表現したいと考えた。私には神という存在は見えず、その輪郭すら捉えることが出来ない。だが見えないからこそ神々が居ると言われるこの空に描きたいと思い、窓ガラスという場所を選んだ。この絵を見た誰かに神という存在を感じて貰いたいが、私の描いた神はもしかすると殻の存在かもしれない。

2鶴川 Lo-Fi ラジオ 特集番組「サトヤマアートサンポ・非公式ガイド」ほか

鶴川 Lo-Fi ラジオ 特集番組「サトヤマアートサンポ・非公式ガイド」ほか

鶴川 Lo-Fi ラジオ局  Tsurukawa Lo-Fi Radio Station
ラジオ放送

2021

和光大学構内 B棟305教室

鶴川 Lo-Fi ラジオ電波放送は始まったばかりの極小規模 FM 放送局です。放送範囲は 10m 程度。ローファイ第一とローファイ第二の2局で不定期放送。サトヤマアートサンポ期間中は特集番組「非公式ガイド」を放送予定。 携帯ラジオをお持ちの方は、ご持参いただけますと幸いです。

3Triangulation-Mt.Fuji

Triangulation-Mt.Fuji

山根英房  Yoshifusa YAMANE
インスタレーション / FM トランスミッター、MP3 プレイヤー、ロッドアンテナ、三脚

2021

和光大学構内 C棟E棟間の芝

長軸上に富士山を望む町田市田端環状積石遺構から着想を得て、富士山に纏わる3つの視点 / 物語を同一周波数のラジオ 3 台で放送する。 鑑賞者はその立ち位置や振る舞いにより虚実と記憶が混在する場を体験する。携帯ラジオをお持ちの方は、ご持参いただけますと幸いです。

4迷子

迷子

GEN
インスタレーション / 風船、両面テープ or ひっつき虫

2021

和光大学構内 E棟

風船はよく迷子になる。子供も迷子になる。では大学生はどうだろうか。大人はどうだろうか。大学生も大人も迷子になる。風船と共に迷子になる。

5岡上サンシャインビーチ

岡上サンシャインビーチ

熊倉大介
インスタレーション

2021

岡上梨子ノ木特別緑地保全地区

人の手によって作られた自然環境である里山の中に、トロピカルビーチを作りました。作品に使われている椅子とテーブルは食事や休憩のためにご自由にお使いください。

6遊び

遊び

松下こころ
インスタレーション、傘、木材

2021

岡上梨子ノ木特別緑地保全地区

鶴川で迎えた初めての春と夏。故郷によく似たこの土地で思い出すのは幼い頃の雨の日の秘密基地です。

7SINE

SINE

橋詰百華
インスタレーション アルミ複合板、シルクスクリーン

2021

岡上梨子ノ木特別緑地保全地区

「色彩」は人に影響を与える。生活のなかで色があることにより、わたしたちは無意識に目線や行動などを導かれている。本作品では【色彩】という要素に注目して、パターンを制作した。自然の中に置かれた色に人はどう感じるかを体験してほしい。

8風の音 : 風の又三郎の場合

風の音:風の又三郎の場合

小森未鈴
インスタレーション スタイロフォーム

2021

岡上梨子ノ木特別緑地保全地区

「どっどどどどうど」は、宮沢賢治の作った有名な「風の音」を表すオノマトペです。作品を見ながら、自然を感じながら、言葉に沿って歩いてみてください。

9集合した木

集合した木

絵画工房:詫摩ゼミナール
インスタレーション 布、アクリル絵具

2021

岡上梨子ノ木特別緑地保全地区

「一人一人の思いや考え方を 1 本の枝として、大きな樹木を共同で描いた。 枝にはそれぞれ個性があり、その一つ一つが樹木を構成させるのに必要なパーツだ。個人の考え方を尊重し合う大木へと、今後成長していくだろう。

10霊(れい)

霊

ZFF
インスタレーション アクリルシート、アクリル絵の具

2021

岡上梨子ノ木特別緑地保全地区

自然と人工物、それは本来対立関係にあるもの。アート作品も人が作り出した人工物だと言える。だが、自然の中に置かれたアートはその神秘的な空間の中に不思議と溶け込んでいるようにも見える。 そして少しづつその空間を蝕んでいるようにも見えないだろうか。 私が投げかけるのはそんな矛盾に対する疑問であり、自然と共存しようと試みる人間の姿だ。

11聖者達

聖者達

GEN
インスタレーション 丸太、火

2021

岡上塞の神・地蔵付近の緑地

火は我々に欠かせない存在である。木も我々に欠かせない存在である。彼らは時に我々を救済するが時に我々を滅ぼす。彼らはこの世界の聖者であり悪魔である。
*この作品は分かりにくい場所に設置されています。
ウェブ上のマップ等で下記のポイントにある東屋を目標にして下さい。尚、設置場所は私有地ですので、ご配慮の上、お静かにご覧下さい。
35°34'46.5"N 139°28'38.5"E GoogleMapが開きます。

昨年度の展示作品

《サトヤマアートサンポ2020》展覧会風景の動画をアップしました

学内で開催された展覧会は、みなさまにご覧頂くことが出来ませんでしたが、展示の様子(インスタレーションビュー)をYoutubeにアップしました。以下のイメージをクリックすると、別のウィンドウで動画のWebページを開きます。どうぞ、お楽しみ下さい。(撮影・編集=斎藤英理)

サトヤマアートサンポ2020

1鳥獣人物戯画着彩硝子

鳥獣人物戯画着彩硝子

下山美羽 林利緒奈  Miu SHIMOYAMA, Riona HAYASHI
インスタレーション ミクストメディア

2020

絵画でありデザインである。和であり洋である。そんなひとつの枠に囚われない作品に仕上げました。時間や見る角度によって顔を変える太陽光とともに、白い空間に浮かびあがる、鮮やかな色彩にも変化が訪れます。

2失敗の架け橋

失敗の架け橋

細沼凌史  Ryoji HOSONUMA
インスタレーション

2020

目先の成功ばかり夢見ていた気がする。新しいことも、今からやったってもう遅いからやる意味がないと、言い訳ばかりしている気がする。成功も実力も長い時間をかけてこそのはずなのに。まずは成功することよりも失敗する努力をしなくては、そう思った。

3サトヤマ・ザワザワ

サトヤマ・ザワザワ

情報メディアデザインゼミナール Hatanaka Seminar
アニメーション映像

2020

リモート授業や移動自粛により、以前のように日常的に散歩できなくなった岡上の風景を思い出して描いた映像スケッチ。様々な生き物や植物に出会う散歩気分を味わい、少しでもホッコリして頂ければ幸いです。

4繫がる空

繫がる空

上原安深 加藤美咲 熊倉大介 中田瑶子  Anmi UEHARA and Friends
インクジェットプリント

2020

私たち4人の見上げている空と鑑賞者が見ている空を重ねて見ることができる作品にした。 違う場所にいても見上げたらそこには同じように空ある。コロナ禍で日々の閉塞感に苛まれても、空は以前と同じように動いている。ソーシャルディスタンスのために、大切な人と会えない時期が続いているからこそ、空を見上げる行為を通して以前と変わらずにいる人との繋がりを大切にしそれを感じて欲しい。

5追想

追想

大津慈音 小泉尚輝 澤田丞 山下若葉  Jion OTSU and Fellows
インスタレーション 単語

2020

コロナウイルスの影響から、外出自粛を迫られてしまい、誰もが予想できなかった日常になりました。 現在でも、外出を恐れる人や気軽に買い物に行けない人もおり、特に学生は オンライン授業を原則とされ、外出をする機会が著しく減っていると聞きます。 この作品は、こうした外出自粛を考え、コロナウイルスがなかった過去に戻り、 靴を履いて制限もなく、何も気にせず外出をしていた時の思い出や、その時の感情、学んだことなどを振り返ってほしいという思いが根底にあります。

6Umbrella Room

Umbrella Room

門永亜美  Ami KADONAGA and Friend
ビニール傘、ビニールシート

2020

市販の色つきビニール傘にビニールシートを巻きつけて、下に空間をつくる。お客さんはその中に自由に出入りすることが可能だ。コロナが猛威を振るい、世の中は三密やソーシャルディスタンスに関して敏感になった。そして当たり前の日常が崩れ、容易に近づくことが出来ない辛さが生じたのだ。しかし、私は人との距離は思っているほどヒドいものではないと思う。それは、それぞれの命を守る努力であり、美しい取り組みではないだろうか。  その美しさを具現化することで、少しでも多くの方々の辛さを解消したいと考えた。

7ぬけがら

ぬけがら

大場あゆ  Ayu OHBA and Friends
インスタレーション

2020

我々が当たり前としてきた日常は姿を消し、代わりに与えられた日常は不安で制限の厳しい生活であった。しかしながら、確実に先へと進むことができるのは、今、我々が生きているこの空間だけなのである。 存在していたかもしれなかった「仮定」の空間と、先に進むことのできる「今」の空間をみつめ、この案外悪くないかもしれない日常と向き合うきっかけが生まれることを望む。

8岡上桜

岡上桜

増田葵、上原安深、岡夢野、趙建豊  Aoi Masuda and Friends
岡上跨線橋橋桁壁画

2020

鶴見川に架かる跨線橋の下は薄暗く、落書も多い場所でした。町内会が川沿いの散歩道にベンチを設置しましたが、さらに橋脚に壁画を描いて落書きを防止し、憩いの場所にするために考えられたのが、この壁画です。岡上町内会から和光大学に依頼があり、結成された実施チームは芸術学科3年生4人。令和2年度川崎市麻生区町内会事業提案制度認可事業にも採択されました。原画は7種類が考えられ、その中から町会長さんたちの協議によって決定したのがこの「桜」のプランです。春になると川沿いには桜が咲き乱れます。作品タイトルは地域の岡上小学校の児童たちに命名してもらいました。作業中は、歩行者や地元の皆さんにも好評で、「完成を楽しみにしているよ」など、多く声をかけて頂きました。和光大学芸術学科は、アートを通じて地域と連携します。

サトヤマアートサンポのお問い合わせ

お問い合わせ

和光大学 地域連携研究センター
〒195-8585 東京都町田市金井ヶ丘5丁目1-1
TEL: 044-989-7478 電話受付時間 平日9:00~16:00

作品に関すること

和光大学 表現学部芸術学科
〒195-8585 東京都町田市金井ヶ丘5丁目1-1
TEL:044-988-1431(代)
http://www.wako.ac.jp/art/i/
和光大学